高蔵幼児園へようこそ。遊びがはぐくむこころとからだ。

すべてはあそびから

浄土宗雲心寺を母体とし60年の歴史をもつ高蔵幼児園では、
仏教の教えをもとにすこやかな心と体を育てる総合教育を行っています。
「あそび」は幼児期に大切な学習です。
楽しく遊びながら、様々な体験を通して、
たくさんのともだちと一緒に人とのかかわりや豊かな言語を学び、
自然の美しさや不思議さなどに気づきながら、のびやかに成長してゆきます。
高蔵幼児園では、幼児期に遊ぶことの奥深さを何より大切にしながら、
未来へ向かって伸びる子どもたちの明るい笑顔と輝くひとみをしっかりと支えます。

ホームページ入り口は、こちら

 

【当園の特徴】

整備された充実した環境

よりよい幼児教育は、よりよい環境でこそ可能になります。
子供たちの心身の健やかな育ちのために、高蔵幼児園では広い敷地を活かし、すぐれた教育環境の整備に力を入れてきました。魅力あふれる充実した自然環境を最大限に活かしながら、心も体も元気な毎日を応援します。

豊かな自然環境

都心部にありながら、四季の変化を肌で感じ取れる豊かな自然環境に恵まれています。伸び伸び体を動かす遊びが思う存分楽しめるだけでなく、木々や草花、小さな生き物に日々触れる中で、子供たちは命の尊さを学び、優しい心を育んでいきます。

たかくら農園

優しい子供に育てるには、「命を育てながら育つ」ということが大切です。いちご、じゃが芋、たまねぎ、すいか、グリーンピース、さつま芋、トマト、大根などを児童の手で育てています。秋に集めた落ち葉から腐葉土を作り、土作りから始め、雑草抜き、水やりなどの活動を通して収穫の喜びを味わっています。

栄養満点のおいしい給食

収穫した野菜は、名古屋市の献立に加えて、調理師が腕によりをかけて煮物、あえ物、食後のデザートなどに活用し、子供に必要な栄養の補給をしています。子供の手による野菜を子供自身が口にできることで好き嫌いをなくし、食に対する関心を高めています。

 

Copyright(C)2009 takakura Infant garden. All Rights Reserved.